GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
アジュラックの生地が入荷しました


アジュラック染めの生地が届きました。
まだ若い染め職人イルファンの丁寧な仕事です。

GAYA25周年の時にショールを染めたもらった同じ職人です。

こちらの生地はオンラインストアでもお買い求め頂けます。

GAYA Online Store
https://gaya.stores.jp

右側の4色違いで染めてもらった生地は、蓮の花の模様です。

以前こちらのブログで「ザクロ模様」として紹介させて頂きましたが、今回職人に詳しく聞いたところ、こちらは「蓮の花」だそうです。大変申し訳ありませんでした。

生地は天然染料で深い色合いですが、生地自体の厚みはごく薄めの生地です。


aki
更紗スリッパ


インド更紗を使った、定番のGAYAオリジナルスリッパをオンラインストアにて取り扱い始めました。

2足セットで、
「赤系」
「青系」
「白黒系」
の3種類からお選び頂けます。

柄はお任せになってしまうので、一足通常2200円(本体価格)のところ、一足あたり2000円と少しお安くお買い求め頂けます。
また、お店にお持ち下されば、お好きな柄とお取り替えも致します。
(※未使用品に限り)

柄がたくさんあるので、全ての柄をオンラインストアに載せるのは難しく、色味のご指定だけになってしまい申し訳ないのですが、どんな柄が届くか楽しみにして頂けたらと思います。

また、注文の際に備考欄に希望の柄を記載頂けたら、なるべくご要望にお答えしたいと思います。

GAYA onlinestore, Life Style


aki

 
ドット柄ワンピース


ドット柄のワンピースが出来上がりました。

この形はGAYAの夏の定番で、色々な生地で作りましたが、このブルー地にドットの柄は初めてです。

夏になると家に帰ってすぐこのワンピースに着替えます。
すると、とたんに疲れが取れるのです。

今日のような蒸し暑い日はこんな楽チンワンピースで過ごしたいです。

サイズはMとLがございます。

aki
新しいレリーフ


店の外壁に新しいレリーフを設置しました。

これは、インドのラジャスタン州ウダイプール近郊のモレーラという村で作られた素焼きで出来た神さまのレリーフで、マルと呼ばれる陶器職人たちによって作られています。

毎年1月から2月の間に、司祭と村の選ばれた者たちは、遠く100キロ以上も離れた村々から歩き、このモレーラの村まで、神さまのレリーフを買いに来るそうです。

素焼きの材料には、聖なるバナス河の泥とロバの糞を混ぜて作ります。
村の繁栄を願い、どの神さまをオーダーするか、どんな色付けにしてほしいか、真剣に職人に注文を出します。
そして、レリーフの代金として10ルピーと25パイサ、5キロの穀物、1.2メートルの綿布(男性神なら白布、女神なら赤布)を職人に渡します。(1990年資料より)

出来上った神さまのレリーフを抱え、また100キロの道のりを、途中でバナス河に祈りを捧げながら大事に村まで持って帰ります。

持ち帰ったレリーフはさっそく、村のすべての家々を回り、神さまに村を案内します。そして夜になると儀式が始まり、祈りの歌を捧げて、夜明けになると村のお堂の壁にそなえつけます。

GAYAの壁に飾ったのは馬に乗ったダルマヤナ(Dharmaraji)という、この地方で特に信仰される神様です。

GAYAも守ってくれますように。

aki


インド各地のショール色々


ショールやストールをたくさん並べました。

ヒマッチャル・プラデーシュ州マナーリーで織られたウールのショールや、グジャラートの絞り、ミラーワークを施したもの、見事なイスラム模様の刺繍がされたカシミールショールなど、冬支度のインド各地からいろんなショールがあります。

インドの冬は案外寒く、地方色豊かなショールが出回ります。

写真のマナーリーのショールは、ヒマラヤに続く山岳地帯で織られています。
約40年前にこの地を訪ねたyumiさんのおもしろ体験談は、また別の機会に!

aki

展示会まであと少し


展示会の案内はお手元に届きましたでしょうか?

今年も色々なデザインの、涼やかで着心地のいいお洋服を
たくさんご用意しております。



一番暑い時期ですが、お誘い合わせの上、是非お越しください。
14日(日)から一週間です。


aki
今年の夏も柄パンツ


去年に引き続き、今年も色々な柄のパンツを作りました。

去年のパンツよりも形がスリムになり、腰回りはゆったりとしつつ、履いた時のラインが細くスマートに見えます。
ウエストはゴムなので楽ちんです。

木版染の生地で作ったパンツは、着心地バツグンで、他のパンツが履けなくなるほどサラサラと気持ちがいいです。
履いていることを忘れるほどです。





裾を折り返してくるぶしを見せると、ぐっと夏らしい雰囲気になります。


aki
春夏のお洋服が出来上がってきています


肌寒い日が続いていましたが、今日あたりから暑いくらいの陽気になってきました。
GAYAの季節到来です。

春夏物の新作が出来上がってきて、ようやく店に並べ始めました。

今シーズンも着心地のいい更紗生地や、手紡ぎ手織りの生地など、素材の良さはもちろんのこと、着ていて楽しくなるデザインをたくさんご用意しております。

写真上は、パンツなどに合わせられるチュニックです。
様々な柄で作りました。
お袖は肘が隠れる五分袖です。

他にもストライプの風が入る涼しいワンピースや、人気の柄パンツ、16枚接ぎのロングスカートなどもございます。

順次新しいお洋服も出来上がってくる予定です。
お気軽に覗いてみてください。

aki
春のコートが出来ました


3週間のインド一人旅より、無事に帰国したyumiさん。

インドですっかりパワーチャージが出来たようです。

出来上がったばかりの、新作の春コートを着て嬉しそう。

お色は、赤・黄色・グレーがあります。

裏地にはインド更紗を用い、脱いだ時に柄が見えるところがポイントで、着る時にも脱いだ時にも、気分が楽しくなります。

春らしい、元気の出るビビットカラーで、お出掛けしたくなるコートです。

aki
白黒アジュラックのストール

アジュラック染めとしては珍しい、白と黒だけのシンプルな色使いのストールです。

本来なら、赤や青などの色が使われることの多いこの染めですが、こちらは珍しくモノトーンで染められています。

この染めは、白地に黒版を捺印するのではなく、白く残したい部分を防染して全体を黒で染め上げています。

白く染め抜かれた所も、アイボリーホワイトのような、こっくりとした柔らかい色味を出しています。


アジュラック染白黒ストール
¥8,925
 
rui

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE