GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo


ようやく温かくなってきて、GAYA にも春物やスカーフを探しに来るお客様がお見えになるようになりました。

いつも美しいお花を届けて下さる仲良しのお客様から、桜と椿の枝が届き、一足先にお花見気分です。

九段の桜も蕾がふっくらとし始めました。
また桜の季節がやってきます。

桜見物のついでに、ぜひお立ち寄り下さい。

aki
日本橋三越での催事のお知らせ

iPhoneImage.png


去年に引き続き、今年も日本橋三越で催事をさせていただきます。

去年、初めての試みでセミオーダーをさせて頂きました。
どうなるか心配でしたが、予想よりもたくさんのお客様からオーダーをいただく事ができました。

今回も去年とは違うGAYAで人気の型を数種類ご用意致しております。
更紗生地は8種類の中からお好きな柄をお選び頂けます。

どれもすてきな柄なので、楽しみにしていて下さい。

GAYA

Dance with Peacock
〜インド更紗のある暮らし〜
2019年2月6日(水)〜2月19日(火)

日本橋三越本店本館5階  スペース#5

東京中央区日本橋室町1-4-1
03-3241-3311(代表)

営業時間10:30〜19:30
aki
市原さん


今日は、GAYAがお世話になった方の告別式に行ってきました。

それは、女優の市原悦子さんです。

今の店舗に引っ越してすぐ、市原さんのお気に入りの店として、テレビ番組で紹介下さり、今でもその時の放送をきっかけにGAYAの事を知り、通ってくださるお客様がたくさんいらっしゃるほど、反響をいただきました。

新宿伊勢丹での初めてのイベントの際には、初日の朝一番に駆けつけてくださったり、雑誌の取材の時や、舞台や映画、ドラマの衣装でも、いつもGAYAの服を着て下さいました。

旦那さまと仲良くご来店になったり、時にはおひとりずついらっしゃったり、「あのお店はちょっと変わってる」と、お引き立てくださった市原さんご夫婦。

舞台の話、演劇の話を語ってくださり、人生についても色々なアドバイスをいただきました。

ご自身の主演された映画「わらびのこう」を失礼ながら見ていないと言うと、ぜひ見て、とDVDを貸して下さったり、舞台にも招待して下さいました。
そして、私たちのインドの話も、いつも興味深そうに耳を傾けて下さいました。
いつもお綺麗で、絶対に妥協しない姿勢は凛として、かっこいい方でした。

いつもは縁のない世界を市原さんのおかげで、垣間見る事ができ刺激を受け、たくさんの出会いをいただきました。

本当にありがとうございました。

どうぞ安らかにお眠り下さい。
蓮のもよう

iPhoneImage.png

 

インドの更紗や絣織り、手刺繍などの手工芸品に用いられるモチーフに、蓮の花は必ずと言っていいほど登場します。

日本人にも馴染み深い蓮ですが、インドの人の蓮に対する思い入れもまた格別です。

 

上の写真は、ベンガルに伝わるカンタ刺繍の刺子布です。

この布は、着古した白いサリーやドーティ(男性の腰巻き布)を何枚にも重ね、刺繍します。

 

iPhoneImage.png

 

最近は「カンタ」という言葉だけが一人歩きをして、カンタではない刺繍布までもがカンタと呼ばれて日本で売られているのを見かけますが、本当のカンタは、このベンガル地方に伝わる家族の愛情のこもった手刺繍布をことを呼びます。

 

写真のカンタは中央に大きな蓮の模様や、生命の木、傘、菩提樹の葉などの吉祥紋があしらわれています。


 

上の写真は、アジュラック染に見られる蓮唐草の模様です。

アジュラック染めが作られているグジャラート州のカッチ地方は砂漠地帯なので、蓮は咲かない場所ですが、この模様はずっとこの地方に伝わっています。


iPhoneImage.png

 

こちらは、同じく砂漠地方のラバリ族が用いたダウリーバッグ(持参金袋)です。

オウムの刺繍を挟むようにして花の刺繍がありますが、こちらも蓮の表現にとてもよく似ています。

 

蓮がインドの人にとって神聖化されている理由として、

「蓮は水中で芽を出し、美しい花となって開くため、太陽から現れ出た宇宙の象徴と受け取られている」

のだそうです。

 

宇宙と地球を結ぶ花。

確かにあの特異で美しい姿に、人々がそう思うのも頷けます。

 

8枚の花びらは、「earth(地球)」「fire(火)」「air(大気)」「ether(霊気)」「mind(精神)」「intellect (知性)」「ego(自我)」だそうです。

 

あれ?7枚しかないですね。

あと1枚がよく分かりません。

 

今度インドに行った時に誰かに聞いてみたいと思います。

 

aki

 

 

あけましておめでとうございます

 

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年も大変お世話になりました。

 

昨年は、初めて日本橋三越で催事をさせて頂いたり、初めて「絣と藍展」を開催したりと、色々と新しい事に挑戦した一年となりました。

 

GAYAは今年で33年目。

今の九段4丁目に引っ越して10年目となります。

 

皆さまに支えられてここまでやって来られました事を改めて感謝いたします。

本当にありがとうございます。

 

今年も、また色々な事に挑戦していきたいと思います。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

aki

 

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE