GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
歌舞伎「マハーバーラタ戦記」



今日は、雨降る中、銀座の歌舞伎座にて、「マハーバーラタ戦記」を観劇しました。

マハーバーラタは、「イーリアス」「オデュッセイア」と共に、世界三大叙事詩のひとつに挙げられる、インドに伝わる世界最長の物語です。

この物語が歌舞伎でどのように表現されるのか、今日の日を楽しみにしていました。

中島千波氏の素晴らしい夕顔図の緞帳や、悪天候にも関わらず、ちゃんとお着物を来て観劇にくる人(女性も男性も)、歌舞伎座の空間自体に大興奮でした。

幕が開かれると、役者の方々が、歌舞伎と思えぬ、全身が眩しいほどに金色の衣装を着ていらっしゃいました。
インドの神さまたちです。

音楽も、他の歌舞伎の舞台をたくさん見た事がある訳ではありませんが、普段は使われる事があまりなさそうな、木琴、ガムランや、スチールパン、ジャンベなどの民族楽器が沢山使われ、独特の雰囲気が演出されていました。

また舞台美術も、ガンジス川や、インドの宮殿や森の中を歌舞伎風に描き、それを見るだけでも楽しかったです。

主人公カルナの育った家は日本風の家なのに、インドでお祈りに欠かせないマリーゴールドの花輪が飾ってあり、随所にインドらしさが演出されていました。

マハーバーラタは、セリフの数々に、人生哲学や深い教えがあり、人類にとっての普遍的なテーマが描かれています。

日本の古典芸能である歌舞伎で、全く違うインド世界を表現する、という大きなチャレンジ。
その事自体が素晴らしく、尊いことのように思います。

「結果を行為の動機としてはならない…」

バガバットギータの中で語られるメインテーマのひとつです。

この舞台も正にその通りだったのでは、と感じました。

そして、舞台最後に神々が下界の人間に向かって語る「踊れ」という言葉。

沢山の智慧をもらった気がしました。

aki

アムリトサル

 

『聖者たちの食卓』というドキュメンタリー映画をご存知でしょうか?

ベルギー人の夫婦によって撮られたこの映画には、セリフも字幕もBGMもありません。

ただただ、このアムリトサルというスィーク教徒たちの聖地にある食堂の1日が、淡々と流れているだけなのです。

 

この映画を数年前に観て感銘を受けた私たちは、インドに行った時、いつかこのアムリトサルを訪ねてみたい、と願っていました。

そして、遂に念願がかない、たった1日だけ滞在することが出来ました。

 

写真の水上にまるで浮かんでいるかのような荘厳な建物は、ハリマンディル・サーヒブという総本山で屋根が金箔で覆われていることから、ゴールデンテンプル(黄金寺院)という通称で呼ばれています。

 

 

この食堂では毎日約10万食もの食事が無料で振る舞われ、この寺院を訪れた巡礼者たちに、人種、宗教を問わず提供されます。

そして、その食堂で働く人々もまた巡礼者たちのボランティアで賄われているのです。

 

 

皆が並んで順番に食事をとります。

食べ終わると、床はきれいに清掃され次々に食事が振る舞われます。


 

食器も流れ作業で洗われ、きれいに積み上げられます。

 

食堂の裏方で準備や食器洗いを手伝う巡礼者の少年たち。

ここで仕事を手伝うことも、祈りと同じなのです。


 

デリーの町や路上でも、度々スィーク教徒の大規模な炊き出しに遭遇し、通りかかった私もプラサード(施し)を頂くことがあります。

そのときの彼等の穏やか表情、プラサードの優しい味は忘れることができません。

 

yumiさんは皿洗いを、ruiさんはローティー(パン)にギー(バター)を塗る仕事をお手伝いさせて頂きました。

 

今、ミャンマーの迫害からバングラディシュに逃げてきたロヒンギャの難民たちに、世界中から集まった多くのスィーク教徒たちが救援活動をしているそうです。

彼等は、尊敬の念を込めサルダール・ジーと呼ばれています。

 

美しい映画ですので、ぜひご覧下さい。

このアムリトサルに行った時の話は、ぜひこんどお店にいらした時にお話しいたします。

 

 

aki

 

【臨時休業のお知らせ】



9月19日(火)は、誠に勝手ながら、都合により臨時休業とさせていただきます。
みなさまには大変ご迷惑をおかけ致します。

どうぞよろしくお願いします。
夏の終わりに


GAYA は夏のイベントを終え、新しいシーズンに突入です。

一口坂での恒例のイベントに加え、広島や伊勢丹での展示が終わり、九段の店に帰ってきました。期間中に来てくださったお客さま、誠にありがとうごさいました。

ディスプレイも一新させ、店内は秋の装いです。
是非、九段のGAYAにもお立ち寄り下さい。



写真はインドの伝統的なお菓子「クルフィ」。
暑いインドでは(暑い日じゃなくても…)コレを見つけると決まってパクり。私たちの大好物です。
たっぷりの脂肪分を感じる牛乳に、お砂糖を加えて煮詰めて煮詰めて…ほんのりカルダモンやシナモンの香りのするアイスクリーム。
アーモンドやピスタチオが練りこまれていて、しっかりとした食べ応えがあります。
素焼きの器に、お祝い用の赤い布がかぶせてあるビジュアルに、ついつい誘われます。

rui


伊勢丹新宿にて


新宿伊勢丹でのPop-Upイベントも明日から2週目に突入します!

今回はグジャラート州カッチ地方のお祝いの時のラクダの装飾をディスプレイの中心に、オリジナルの刺繍のバッグをレイアウトしました。

GAYAオリジナル服はもちろん、スカーフ、パシュミナのストール、クッションカバーなどもご用意いたしました。

催事は9月5日までです。
お誘い合せの上、ぜひご来場下さい。




The Door To INDIA
〜歓びの刺繍〜
2017年8月23日(水)〜9月5日(火)
*8月29日(火)は店舗休館日です。
伊勢丹新宿店本館5階 
センターパーク/ザ・ステージ#5

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE