GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
オリッサのバンダースに見るお魚さん

 

来月18日から始まる絣展では、オリッサの伝統的な絣織りである、「バンダース」と呼ばれる布からも、色々な洋服にしています。

 

そのバンダースには、花模様や生き物の姿を表した模様が、生地のサイドボーダーや、パルー(サリーのエンドピースの部分)に織り込まれています。

 

その中で必ずと言っていいほど登場するのが魚のモチーフです。

魚は「マツヤ」と呼ばれ、ヒンドュー教のビシュヌ神の10あるとされるアヴァターラ(化身)の最初の化身とされています。

 

1、マツヤ(魚)
2.クールマ(亀)
3.ヴァラーハ(イノシシ)
4.ナラシンハ(頭が獅子の人)
5.ヴァーマナ(小人)
6.パラシュラーマ(賢者)
7.ラーマ(王子。ラーマヤナの主人公)
8.クリシュナ(みんなの憧れの神)
9.ブッダ(覚者)
10.カルキ(この世の終わりに出現)

 

このマツヤは、大洪水から人々を救ったという神話があり、ノアの箱舟とそっくりな内容です。

 

そして海岸沿いのオリッサ地方の人々は、魚を日常的に食しているのもあって、魚は繁栄や富を象徴するようになったようです。

 

ガンジス川支流の人々の作るスージニ刺繍にも、魚が好んで登場します。

私たち日本人にも魚は身近な存在です。

そんな魚を愛らしく絣織で表現したバンダースは、見ているだけで幸せな気分になります。

 

そしてこの織り込まれた生き物たちは、わざと輪郭線をぼやかして織っているそうです。

あえて細い番手の糸を用いて、輪郭線がふわっとした「まるで羽毛をまとっているように」表現するのが、このバンダースならではの織り方です。

 

魚の他にも、蓮の花、象、アヒル、色々な吉祥模様がたくさん織り込まれています。

 

 

絣展は5月18日(金)から27日(日)まで開催します。

ぜひこのバンダースの魚や生き物たちに注目してみてください。

 

aki
 

明日はお休みいたします

 

明日19日(木)はお休みをさせていただきます。

どうぞご了承下さい。

 

GAYAは5月18日からはじまる絣展に向けて、只今準備しております。

また詳しいご案内をさせていただきます。

 

どうぞ楽しみにしていて下さい。

 

写真は、インドの最南端に位置するケララ州クーロンです。

ここまで来ると、人々の顔つきや話す言語、文字も全く北インドとは異なります。

 

ここクーロンからアレッピーまで、バックウォーターという運河を北上する舟が人気です。

 

数十年前は、草で編んだカゴのような舟で移動する事ができました。

舟の上には専属のコックとボーイが同上し、ゆっくりと川辺の生活風景を眺めながら優雅に舟の旅をすることができました。

でももうそのような舟はなくなってしまったようです。

あの舟がまた復活してほしいものです。

 

aki

 

絣展

 

インドが発祥と言われている絣織り。

インドには現在、大きく分けて3箇所の絣織りの産地があります。

 

オリッサ州サンバルプール近郊のバンダース、アンドラ・プラデーシュ州ハイデラバード近郊のチララの絣、そしてグジャラート州のパトラ織りです。

 

それぞれ特徴の違う絣織りですが、共通するのはその織り模様に、人々の祈りと願いが込められているということ。

 

絣織りというと、日本では何だか田舎臭い模様とイメージされる方も多いかと思いますが、

インドの絣織りは、とてもモダンで洗練された図案ばかりです。

 

そんな絣織りが大好きな私たちは、いつか絣だけで展示会をしたいなと、少しずつ集めてきました。

 

来月、5月には念願の絣展を開催予定ですので、ぜひご来場下さい。

お待ち申し上げます。

 

aki

 

 

ハーデンベルギア

 

一昨年植えたハーデンベルギアが、だいぶ大きくなり花を咲かせています。

小さな藤の花のようなので、和名は「小町藤」というそうです。

 

ザクロの木に覆い被さるように花を咲かせ、道行く人がけっこう写真を撮っています。

この辺りはオフィス街なので、あまり植物がないせいか珍しがられて、色んな方に花の名前を尋ねられます。

 

もうすぐ九段の名物桜も満開になりそうです。

 


 

aki

アーメーダバードの通りで

 

アーメダバード近郊を歩いていたら、突然こんな風景に出くわしました。

 

鏡付きクローゼット、枕、毛布、布団などの寝具一式と、バケツ、フライパン、茶こし、焼きたてのチャパティを入れる保温器までも揃った家財道具一式が、何セットも路上にずらーっと並べられています。

 

なんと、これは結婚式に出席したお客様に持ち帰っていただく、引き出物一式だそうです。

 

インドの結婚式には何度か参加し、その豪華さと気合いは目の当たりにしてきたけれど、

これはすごい!

 

ああ、もう少し長居できたら、これほどまでに祝福される花嫁、花婿を見られたのに。

しかし、これはどうやって持って帰るのでしょう?

 

yumi

  

 

 

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE