GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
マンゴーの花


マンゴーの花は、小さな花が無数についた房状になっています。そのひとつひとつがマンゴーの実になります。

5月から7月はマンゴーの旬。
日本では高級なマンゴーですが、インドでは一個40円くらいで食べられます。そして種類も豊富です。

甘くて頭をガツンと叩かれるくらいの美味しさです。

aki
伊勢丹での催事が終わりました

 

今年も伊勢丹新宿店での催事を無事に終わりました。

 

遠方からお越し頂いたり、会期中何回も足を運んで下さったり、買って頂いたGAYAの服を着て見せにきて下さったり、沢山の方に支えられて2週間があっという間でした。

 

誠にありがとうございました。

 

GAYAは、13日(木)から17日(月)はお休みをいたします。

18日(火)から通常営業を再開いたします。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 


 

 

写真は、このブログでも度々登場しているグジャラート州アーメダバードにあるホテル、「House of MG」です。

部屋にはブランコがあり、少数部族のミラーワークで作られたクッションカバーがセンスよく置かれています。

 

アーメダバードは商業の街。

デリーとは違う趣で、活気に溢れ大好きな場所のひとつです。

 

 

aki

新宿伊勢丹での催事が始まりました


伊勢丹新宿店でのイベントが始まりました。

残暑厳しい中、たくさんの方においでいただき、本当にありがとうございます。

今年は、インド更紗を改めてフォーカスした展示になっており、百貨店の催事ではこれまであまり取り扱ってこなかった、更紗布の切り売りも展開しております。

2メートル、1メートル(生地幅は110センチ)、55センチ×50センチのサイズの他、小さなサイズのハギレなどもご用意しております。

ちょっとした小物やお仕覆などを作られる方におススメです。

ぜひ、この機会に更紗を実際に見て触ってその素晴らしさを体感していただけたらと思います。










aki
新宿伊勢丹「大地を謳う更紗」展のご案内

 

 

8月22日(水)より、伊勢丹新宿店5階のセンターパークにてGAYAの催事を行います。

 

今年で3回目となる新宿伊勢丹でのイベントでは、今一度私たちGAYAの原点である「更紗」に注目し、その素晴らしさをお伝えできればと考えております。

 

約4500年前からインドで伝統的に染め継がれている更紗は、今も同じ手法で職人たちの手によって、インドの様々な村で染め続けられています。

 

職人たちを訪ね、交流を深め、一着ずつ仕立てているGAYAのクリエーションを、その背景からぜひこの機会にご覧下さい。

 

 

 

GAYA

The Door To INDIA

〜大地を謳う更紗〜

 

2018年8月22日(水)〜9月4日(火)

 

伊勢丹新宿店本館5階 

センターパーク/ザ・ステージ#5

 

東京新宿区新宿3-14-1

03-3352-1111(代表)

営業時間10:30〜20:00

 

 

 

また、15日(水)〜17日(金)は夏季休業となります。

どうぞご了承下さい。

 

21日(火)〜9月5日(水)までは伊勢丹の催事につきまして、九段の店は閉店させて頂きます。

ぜひ会場においで下さい。

 

皆さまにお会い出来ますことを、心より楽しみにしております。

 

aki

セールを終えて

 

はじめてのアーカイブセールを無事に終えることができました。

 

インドよりも暑い?猛暑の中、おいでくださったお客様の多くが、それぞれGAYAの服を着てきて下さり、天然染料の木版で染めているので、経年変化に伴い、すっかり最初の色とは変わった服を、それでも着心地がいいからと、大事に着続けて下さっていました。

 

30年以上ご愛顧して下さっているお客様も、新しいお客様も、それぞれ大事に愛着を持って着て下さっていることを

改めて感じ、本当にうれしかったです。

 

アーカイブセールの意味は、お客様の大事なアーカイブを見る為のイベントだったのだと改めて感じました。

 

皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

さて、GAYAは次回のイベント、伊勢丹新宿店での展示会に向けて準備中です。

今年で3回目となる伊勢丹での催事ですが、どんな展示になるかどうぞ楽しみにしていて下さい。

 

期間は8月22日(水)より2週間です。

ぜひ、お越し下さい。

 

写真は、インドの歯ブラシの定番!ニームの枝です。

ニームは、和名をインドセンダンといいアーユルヴェーダでも古代から用いられてきた神聖な薬木です。

 

右はそのままの枝、左は袋にパッケージングされていますが中身は同じニームの枝です。

普通の歯ブラシを使う人もいますが、今でもまだまだ人々の生活必需品です。

 

ニームの木は、インドの家庭の庭にもよく植えられており、ニームの木の下で昼寝をすると、病気が治るとも言われている、インドの生活には切っても切れない木です。

 

aki

 

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE