GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
サンガネールへの道(3)


インドから何とか帰ってきたものの、気温差や疲労からか具合が悪くなり、病院で初めて点滴を打つことに。周期的に全身を襲う悪寒は、身体中の毛という毛を波のような逆立たせ、部屋の中で1メートル先のリモコンにさえ手を伸ばせないくらいの倦怠感に襲われていました。


インドと日本の気温差に体が悲鳴を上げているだけかと思っていたのですが、全身の震えが止まらず、寒さを和らげるためにお風呂に入ると、腕や太腿の毛穴が斑点状に紅くなっていました。


ん?これはやっぱり何かがおかしいな・・・(笑)


再度、病院に行き症状を話すと、皮膚科のその若い男の先生は「滞在先がインドなのでデング熱の可能性を否定できない」と言うことで検査をすることに。そして陽性でした。


PM2.5から身を守る事ばかりに気をとられ、デング熱のことなど微塵も想定していなかった事を悔やんでも、時すでに遅し。日本に帰国してから発症したことは不幸中の幸いでした。もし、インドで発症していたら、5歳の息子を抱え帰国もままならなかったかも知れません。


デング熱は治療薬がないとのことで、ひたすら水を飲むようにとだけ言われ、解毒する為に水をたくさん飲みました。


そんなこんなで身体もようやく回復し、冬の展示会も無事に終えることができ、お正月休みの間中もサンガネールの工房と密に連絡を取り合って、色やデザインの見直し、染めの出来具合を幾多も確認し連絡を重ねました。


そして、ようやく届くかと思いきや、今度は出荷されたはずの荷物が全然届きません。


コロナの影響なのでしょうか、世界中の貨物が混乱しているという噂で、なす術もありません。



(つづく)


aki

<< 外出自粛要請による臨時休業のお知らせ | main | サンガネールへの道(4) >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE