GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
着物「おたすけ」辞典


これまで何度か取り上げていただいた事のある、着物から始まる暮らしを提案する季刊誌『七緒』。

その七緒からこの程『手ほどき七緒 着物「おたすけ」辞典』が刊行されました。

この辞典は、これから着物に挑戦したい!と思われる方には絶好の指南書です。

色々と予備知識がないと、着物を着る事は現代の私たちにはひどくハードルの高いことに思われますが、
このムックを読むと、私にも着れるかも、着たい!とお思いになるかもしれません。

着物に関する基本的な事が、かわいいイラストや写真で分かりやすく紹介されており、眺めているだけでも楽しい。

この中の、「『異国帯』で世界一周」のコーナーの中で、インド更紗で仕立てた帯を紹介いただきました。

約5000年前からインドには染織の技術があり、絣織りや絞染めもインドが発祥の地とされています。

 

日本に伝わった古渡更紗の模様には、日本人の好みに合わせて、インドの古くからの伝統模様に日本人の好みを反映した模様が残っており、当時インド更紗は、「チンツ」と呼ばれ、その国々の好みに合わせ染められ、世界中に数多く輸出されていました。



日本の着物とインド更紗には古い歴史があるのです。
インドの生地で帯を仕立てる事は、実は特別な事ではなく、むしろ昔から普通に行われていた事と言えます。

GAYAではお好きな生地から帯のお仕立ても承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

また、ブログ内のkimonoのカテゴリーでは、これまでお仕立てした帯のほんの一部を紹介しております。



aki
 

<< 無事に終わりました | main | 砂漠を走るバス >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE