GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
染め職人3世代

iPhoneImage.png

 

私たちの通うインドの染め職人の家族に、待望の男の子が生まれて、何年経ったでしょう。

 

ディパックの妻アニータは、男の子を授かるようにと願をかけるため、毎週木曜日には断食をし、数年を過ごしていました。

 

そして数年前、ついに男の子が誕生しました。

私たちも自分の家族のことのように喜んだことは言うまでもありません。

 

行くたびに大きくなったその坊やに会うのも、旅の楽しみです。

 

孫息子と一緒に、立派に染め職人として成長した息子ディパックの仕事ぶりを眺めるおじいさんとなったスラジ。

 

こうやって、おじいさんや父親の仕事を毎日目の当たりにし、何気なく一緒に過ごしながら仕事を覚えていきます。

染め場の匂い、音、空気がこの子をどんな人に育むのでしょうか?

 

釜で媒染しているディパックも初めて会った時は、お互いまだ小学生でした。

 

先日、ディパックが丹精込めて染めた布が届きました。

 

今月末から日本橋三越で開かれる展示会では、彼の染めた生地を使ったセミオーダーを承る予定です。

どれも、素朴で力強い更紗ばかりです。

 

ぜひ、楽しみにしていて下さい。

 

aki

 

 

 

<< 日本橋三越本店での展示会のご案内 | main | 雪なので >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE