GAYA | Blog

4-1-8 Koiso bldg 1F Kudan-minami Chiyoda Tokyo
カラムカリ染更紗の名古屋帯


オーダーでご注文頂いていた名古屋帯が仕立てあがりました。

この生地は、アンドラプラデーシュ州マスリパトナムで染められている更紗でカラムカリ染と言います。

「カラムカリ」とは、その昔は手描きで、18世紀ごろに今の木版捺染になりました。「カラム」とはカラムカリを描くペンの事。「カリ」は仕事を意味します。

日本にはインド更紗の代表的な染め布として、古くは江戸時代から珍重され、茶道のお仕覆に使われていたりしました。

以前もカラムカリ染で名古屋帯をお仕立てしたのですが、今回は白黒のシックな出来栄えで、様々な着物にコーディネートしやすいお色味だと思います。

美しい花唐草模様が日本のお着物に合うのは不思議です。

これからもインドの色々な生地で帯を仕立ててみたいです。
どんな発見があるでしょうか。

aki
<< パパジー | main | 雑誌『七緒』にてGAYAの帯が紹介されました >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE